Dino Crisis Wiki
Advertisement


The Energy Core is a file in Dino Crisis 3.

Location[]

The Energy Core is picked up by attempting to enter the Energy Core room.

Transcript[]

The Ozymandias is equipped with a Third Energy Reactor System. Developed in 2048, the system was created to exploit Third Energy, the ultimate clean energy discovered by Dr. Edward Kirk.

The system itself consists of an Energy Core and two sub-reactor power generators.


The energy is generated by the two sub-reactors and filtered through the Energy Core for distribution throughout the vessel.

As the Energy Core generates a significant volume of energy during distribution, it is standard procedure to alternate operation between the sub-reactors and the Core.


In short, failure to take the sub-reactors off-line prior to running the core -- and vice versa -- could create an energy overload that is well beyond the harnessing capabilities of the ship.


As a safety measure, a shutter prevents access to the Energy Core during the operation of the two sub-reactors.

Jack Morton
Third Energy Reactor System Achitect

エドワード・カーク博士により確立された究極のクリーネネルギー「サードエナジー」。

オズマンディアスにはサードエナジーを人類に連用し易い形に変換する2048年に開発された 「サードエナジー転換炉」 が搭載されています。


「サードエナジー転換炉」とは
1 基のエネルギーコアをメイン転換炉
2 基のパワージェネレーターをサブ転換炉として形成されたエネルギーシステムです。

サブ転換炉で生成されたエネルギーをメイン転換炉で集積・分配制御することで各セクターへの動力を行なっています。


この全ての転換炉を同時に作動させると莫大なエネルギーを生み出すことになり様々な弊害も起こりやすいのでオズマンディアスでは危険防のため必すパワージェネレーターを停止させてからエネルギーコアの制限を行うよう義務けエネルギーコア前にあるシャッターでオペレーターの入室制限を行なっています。


先人たちの偉大な発見・発明と我々現代人の夢と希望を見事に融合させたオズマンディアスの任務達成を心から願っています。

サードエナジー転換炉設計士
ジャック・モートン

Gallery[]

Advertisement